kubou.dev();

好きな言葉は一石二鳥

Laravelのローカル環境を手抜きで構築する

ちょっとした確認のために、MacでLaravel+MySQLの環境を手軽に構築したくて調べてもdocker-composeを使ったものばかりヒットする、、 docker周りで変にハマって時間を使うことを避けたかったのでローカルに直接構築。

Laravelをインストールしてプロジェクト作成

composer create-project "laravel/laravel=5.5.*" [好きなプロジェクト名]

homebrewでmysql5.7をインストール

brew install mysql@5.7

パスを通す

echo 'export PATH="/usr/local/opt/mysql@5.7/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

mysql起動

sudo mysql.server start

(もしmysql起動でエラーになったら)

「ERROR! The server quit without updating PID file」

  1. ログを確認
tail -f /usr/local/var/mysql/[マシン名].local.err
  1. プロセスを確認
ps aux |grep mysql
  1. ポートが空いているかを確認
tail -f /usr/local/var/mysql/[マシン名].local.err
  1. mysqlディレクトリの権限変更
sudo chown -R _mysql:_mysql /usr/local/var/mysql
  1. mysql.sockを削除して、再起動
sudo rm /tmp/mysql.sock
sudo rm /tmp/mysql.sock.lock
sudo mysql.server start

nodebrewのインストール

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

.bash_profileにパス追加

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
source ~/.bash_profile

node.jsをインストールして使用するように

nodebrew install-binary latest
nodebrew use [最新バージョン]

プロジェクトディレクトリに移動して、composerインストール

composer install

プロジェクトディレクトリにてnpmインストール

npm install

Mix manifestファイルの作成

npm run dev

エラー「error code ELIFECYCLE」の場合)

# インストールされたjsモジュールを全部消す
rm -rf node_modules

# インストールされたjsモジュールのバージョン情報を消す
rm package-lock.json yarn.lock

# npmのキャッシュをクリアする
npm cache clear --force

# 再度jsモジュールを全部入れ直して、実行する
npm install
npm run dev