kubou.dev();

好きな言葉は一石二鳥

mongoDBの中身をブラウザでサクッと確認(Mac)

0. はじめに

mongoDBを使って開発をしている時に、手軽にコレクションの中身を確認する方法がないかと模索した結果「mongo-express」を試してみることに。
インストールからローカル環境で確認までをメモ。

1. nodebrewをインストール

まずはインストール。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

~/.bash_profile に追加。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
$ source ~/.bash_profile

2. Node.jsをインストール

nodebrew から Node.js をインストール。

$ nodebrew ls-remote
$ nodebrew install-binary v0.12.7

$ node -v
-bash: node: command not found

$ nodebrew ls
v0.12.7

current: none

$ nodebrew use v0.12.7
use v0.12.7

$ node -v
v0.12.7
$ npm -v
2.11.3

※install-binaryしただけでは、nodeコマンドが使えないことに注意。

3. npmを最新化

$ npm install -g npm

$ npm -v
2.14.3

4. npm installをsudoなしで実行できるように

$ sudo chown -R $(whoami) ~/.npm

5. mongo-expressをインストール

$ npm install https://github.com/andzdroid/mongo-express/tarball/master
$ cd node_modules/mongo-express/
$ cp config.default.js config.js
$ vi config.js

config.jsを作成して、中身を編集。

34     //leave username and password empty if no admin account exists
35     adminUsername: '',
36     adminPassword: '',

adminUsernameとadminPasswordは空にしときましょう。  

54   basicAuth: {
55     username: 'admin',
56     password: 'pass'
57   },

ブラウザでmongo-expressを開いた時にBasic認証が出てくると思います。
その時はbasicAuthの中身を入力!

6. mongo-expressを起動

$ node app
Mongo Express server listening on port 8081
Database connected!
Admin Database connected

この表示になったらブラウザで「localhost:8081」にアクセス。

7. 動作確認

mongo-express